So-net無料ブログ作成
検索選択

<南アW杯>早くも「勝利効果」 ブブゼラ完売、代表グッズ好調(毎日新聞)

 サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、日本代表の好発進が低調だったW杯関連商品の販売に早速効果を上げている。2大会ぶりの勝利で決勝トーナメント進出への期待が高まり、日本代表の背番号入りTシャツなどの商品が人気を呼び、不振だった観戦ツアーにも急きょ問い合わせが殺到。アフリカ雑貨販売店では、スタンドに響く南アの伝統楽器「ブブゼラ」が完売した。【馬場直子、河部修志】

 スポーツ用品輸入卸会社「ジェイアクセス」(川崎市)には15日朝、日本代表グッズ販売の問い合わせが10店以上から寄せられた。

 同社は東京都内4カ所で選手の背番号や名前入りの衣類やタオルなどを直売してきたが、売り上げは06年ドイツ大会の半分程度だったという。ところが15日、小売店からの問い合わせが急増。中でも初戦でゴールを決めた本田圭佑選手の背番号18と名前入りのTシャツの注文が多く、在庫の約700枚は1日で8割が売れたという。

 同社の管幸英社長は「本田選手に懸けて、本田グッズをたくさん用意していた。今は商品の出荷に大わらわです」と声を弾ませた。

 一方、W杯観戦ツアーを企画する各旅行会社にも15日、問い合わせが続々入った。日本旅行(東京都港区)には「今からツアーに参加できるか」などの問い合わせが十数件あった。同社は10日にW杯関連ツアーを締め切ったばかり。それでも「25日のデンマーク戦のツアーを企画できるか検討中」という。

 JTB(品川区)も15日、既に締め切ったオランダ戦の0泊4日弾丸ツアーやデンマーク戦のツアーの相談受け付けを再開した。チケット手配などの問題もあるが、17日まで前向きに対応するという。

 一方、W杯の観戦ツールとして、ブブゼラが一気に知名度を上げている。国内では数少ないアフリカ雑貨販売店「キュリオショップ」(愛知県半田市)では15日朝完売となり、「入荷は困難になってます」と張り紙した。

 同店によると、W杯開幕が近付いた5月末から6月初めごろ、1日40〜50本がネットなどで売れ出したという。南ア製(3980円)より入手しやすい中国製(1280円)を近く400本入荷する予定だが、スポーツバーなどから既に200本の予約が入っているという。

日本のウイスキー、世界を席巻 「響21年」「竹鶴21年」最高賞W受賞(産経新聞)
小惑星探査機 「はやぶさ」最後の軌道修正に成功(毎日新聞)
付属池田小殺傷事件 8児童の冥福祈る式典 発生から9年(毎日新聞)
<毎日新聞世論調査>菅内閣の支持率が66%の高率に(毎日新聞)
小林千代美議員が辞職表明 「政治とカネ、政治不信招いた」(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。